好きな家具に囲まれて生活しよう。
オーダーカーテンの採寸の仕方とは

オーダーカーテンも今は身近な存在になっています。

現在の住宅事情では昔のように窓の大きさがある程度決まっているわけではないので、賃貸やワンルームのマンションでもオーダーカーテンは身近で便利なインテリアアイテムになっています。業者に依頼して来てもらうのが1番ですが、あらかじめ自分で採寸をしてお店の方に相談に行くという形式が手軽で利用しやすくなっています。

採寸の仕方は、幅はカーテンレールのランナーと言われる金具の両端にある動かないランナーから図ります。

オーダーカーテンは1.5倍から2倍が一般的です。縦はそのランナーから床までの長さを図り、レースカーテンであればそれから約マイナス2センチ。厚手のドレープカーテンの場合はそれからマイナス1センチが仕上がりのサイズになります。

夜間にマストとなるオーダーカーテン

やはりオーダーカーテンは昼よりも夜間の方がその重要性を認識できる事が多いのではないかと思われます。しかし、部屋の中にいる人は、外から部屋の様子が丸わかりだという事に時々気が付かない事もあるかと思われます。そのため、夕方以降の時間帯にはカーテンを閉めておく事をおすすめします。

透明の窓ガラスが使用されている場合には、特に外から部屋の中の様子が分かってしまう事もあるかと思われますので、その場合にはオーダーカーテンが欠かせないでしょう。

オーダーカーテンはプライベートな空間を保つのに役立ちます。

カーテンをしっかりと締めていると、部屋の中にいる時には、ゆったりとくつろぐ事ができるのではないでしょうか。