好きな家具に囲まれて生活しよう。
カーテンについて

カーテンの色や素材で部屋の印象も変わってきます。

カーテンはとても重要なインテリアだと思います。

最近ではオーダーメイドでオリジナルのカーテンを作ったり、
部屋に合うものを見つける人も増えているようです。

カーテンを選ぶ

カーテンは色、素材などで選ぶことが多いようです。
部屋のイメージに関わってくるものなので、
どのような部屋にしたいか考えて選ぶのが良いかもしれません。

万が一の時に使えるカーテン

高層マンションの増加によるものが影響しているかもしれませんが、防炎カーテンが増えている様に感じます。

この防炎カーテンですが、一定以上の階数のお部屋にはマストとなっていますが、戸建て住宅であっても防炎カーテンを利用する事で、万が一の時に役に立つかもしれません。

火事になった際に、カーテンを取って、かぶって逃げると、防炎ですので、炎を防ぐ事もできるそうです。

防炎カーテンは、燃え移るのを防いでくれるだけではありません。この様に意外な使い方をする事もできるかと思います。いつ発生するかわからない水災害に対して、普段から備えておくというのもいいかと思います。

防災意識を高めたいですね。

カーテンで重要な模様選び

カーテンは生地の厚みや防炎なども気になりますが、模様選びが重要です。

部屋の大きな面積を占めるカーテンは、インテリアの雰囲気を決めるポイントとなります。部屋の家具やソファ、ベッドのファブリックなど注目させたいものがある場合は、無地のものを選びましょう。

シンプルな家具や同じトーンのインテリアでまとめられている場合は、個性的な柄を選ぶのもステキです。暖かいムードには北欧調の柄で、モノトーンにはストライプ、ファンシーな雰囲気には明るい花柄がオススメです。ソファのクッションを同柄にすると、すっきりとしておしゃれにまとまります。

カタログからカーテンを教育視点で選ぶなら

カーテンの柄によってこどもの成長に影響を与えられることをごぞんじですか。

こどもと過ごす部屋ではすくすくとこどもが育つように、植物の柄のカーテンを選ぶといいと言われています。グリーンの色も様々ですので、センス良く選ぶことで緑いっぱいの自然の中で子育てしたい、そんな願いをすこしだけ叶えられそうです。

お子様だけでなく子育て中のお母さんにも、お部屋にいきいきとしたグリーンの植物の柄を取り入れることでホッとリラックスできる空間をあたえてくれます。

お手持ちのカタログから見つけられないときは、大阪や神戸のカーテン販売店に問い合わせてみるのもいいでしょう。植物をモチーフにしたテキスタイルは海外のものが多いです。

輸入物のカーテンを取り扱っている販売店のカタログを取り寄せてみると、きっと欲しいものが見つかります。

海外のカーテンを扱うお店

国内のカーテンではなくて、海外ブランドの物が欲しいという人もいるでしょう。しかし、それらを購入する時には、海外のお店で直接購入しなくてはいけないとなると、面倒かと思います。

最近では、国内のお店においても、海外ブランドのカーテンを扱うお店は増えているかと思います。

国内のお店であればネット通販もありますので、かなり購入しやすいのではないでしょうか。特に支払いなどにおいて楽な場合が多いでしょう。

また、この様なお店はたくさんあるかと思いますので、より自分が欲しいと思っていたテイストのデザインを多く取り扱っているお店を見つけたいですね。これこそは、と思う物を買いましょう。

カーテンの関連情報

機能的なカーテンから人気のものまで、カーテンに関するおすすめ情報をご紹介いたします。